Forest Crewホーム ログ×ブログ

ログ×ブログ

快適な北欧ログハウスの暮らし(愛媛県 北欧住宅 フォレストクルー)

2018.02.06|カテゴリ:未分類

まだまだ寒い日が続きますね。
本日は、今年初めての冬を迎えたオーナーさまのお宅へ定期訪問。

IMGP3115.jpg 

IMG_3228.jpg 

『約50坪の吹き抜けのある大空間ですが、ストーブ1台で暖かいのは凄い。』
と嬉しいお言葉を。

室内の湿度も夜の洗濯物の室内干しやストーブのやかんで、うまくコントロールされています。
朝にはカラッと乾いていると友達にお話をするとびっくりされたそうです。

IMG_3229.jpg 
少し乾燥気味ですが、室温は、20.5度をキープ。

奥様よりいただいた住み心地コメントも合わせてご紹介します。

春は窓を開けて家の中を通る風の心地良さに感激しました。
夏はクーラーがとても効いてサラサラの床を素足で歩くのがとても快適でした。
秋は早く薪ストーブが使いたくてウズウズしてました。
そして、冬。薪ストーブのある生活は想像していた以上に心と体を温めてくれています。

四季を通じた北欧ログハウスの快適さが伝わってきますね。

一方、上林office周辺は粉雪の舞う日々が続いております。
数日前は、外気温0度。

IMG_3221.jpg 

IMG_3215_20180206150310a78.jpg 

IMG_3216_20180206150242187.jpg 

IMG_3217.jpg 
朝2時間だけ24℃設定でエアコンを稼働し、その後は薪ストーブ1台。
夕方3時頃の状況です。

外気温0度
室温22.5度
窓ガラス20.8度
ログ壁21.9度

分厚いログ材がうまく熱を蓄え、窓は外気温に左右されにくい。
これが、当社北欧ログハウスの快適さの秘密です。

是非、ご体感下さい。

Atsushi Hayakawa















北欧ログハウス 外壁板張り・無垢フローリング工事 in愛媛県西条市

2018.02.03|カテゴリ:ログハウス 建 築 日 記

西条市の北欧ログハウス工事は順調に進んでおります。
IMG_9525.jpg
妻壁(2階の外壁)の板張り工事の状況です。

IMG_9519_20180203144003d54.jpg
胴縁(壁板の下地となる材料)を取り付け。
壁体内の湿気を外部に逃がし、常に乾燥した状態を保つため、通気層を確保しております。
壁下から上部に向かって通気されるように胴縁には一定間隔で欠き込みを施しております。

IMG_9529.jpg 
こちらは壁下からの写真。
見えにくいかもしれませんが、黒い部材には小さな穴が無数が空いており、害虫や小動物の侵入を防ぎながら風を送り込みます。

IMG_9528.jpg 

IMG_9526.jpg
1枚目の板張りが完了!

IMG_9628.jpg 

IMG_9624_2018020314401784c.jpg
1枚目の板の継ぎ目に、押さえ板を取り付けます。
北欧の住宅でも多く採用されている外壁デザインです!

IMG_9627.jpg 
外部ケーシングの取り付け。
窓回りの装飾が仕上がると立体感とカラーコントラストにより外観デザインが引き立ってきますね!
足場が解体され全貌が見えるのが楽しみです!

室内では内部造作工事が進んでおります。
無垢パインのフローリング張り。
IMG_9596.jpg

IMG_9604.jpg
無垢の特性を確認しながら、1本ずつ隙なく丁寧に貼っていきます。
28mm厚と非常に分厚く、丈夫で木目が繊細で上質な仕上がり。
経年と共に変化する色合いも楽しみの一つ。断熱性にも優れており、暖かく素足でも気持ちよく過ごしていただけます。

こちらのお宅の水回りはタイル張り。
IMG_9795.jpg 
洗面所とトイレは、鏡面仕上げタイル。

IMG_9797.jpg 
キッチンのタイルはテラコッタ調タイル。
お施主様のこだわり、悩んだポイントの一つです。

目地の位置や本数、タイルをできるだけ割らずに美しく見えるように心がけながら、タイルの割りを打ち合わせ。その上で墨だしを行いタイルを張って行きます。

足場解体に向け現場は進んでおります。
その後の様子はまた改めてご紹介させていただきます。

北欧基準の窓は、人の健康をも左右する!(愛媛県 北欧住宅 フォレストクルー)

2018.01.20|カテゴリ:未分類

先週は、オフィス周辺も一面の銀世界!
来週以降もまだまだ寒い日が続きそうですね。
DDBEE7A8-E62D-4B78-BE0E-CCE5204212FD.jpg 

企業訪問をして下さったある建材メーカーさんの勉強会で学んだこと。
交通事故死の約5倍といわれる室内温度差による高齢者の入浴時のヒートショックについて。

IMG_2992.jpg

なんと・・・。
温暖なイメージの強い四国ですが、
ワースト1位が香川県。
愛媛県は、ワースト7位。
ショッキングな情報でした。


ヒートショックランキング 

住宅性能の高い北海道は、沖縄に続き2位。

20年前、北海道の総合展示場へ視察に行った経験がありますが、
愛媛県の総合展示場が、アルミ単板ガラスの時代にほとんどのハウスメーカーが、

樹脂サッシ・ペアガラスが標準スペック。

住宅性能の良さが健康を左右することがうかがえます。

我が四国では、
冬の寒さを耐え忍ぶ暮しぶりが多いのでしょうか?

家の性能を左右する、6〜7割が窓とドア!

kosodate_sassi_img05.jpg 

冬に窓辺に近づいたとき、冷たい隙間風のような空気の動きを感じることがありませんか?
暖かい空気が、性能の悪い窓で冷やされ冷気が足元へ降りて滞る現象です。

『コールドドラフト現象』と呼ばれる現象が起こります。

こうした冷気は、脳いっ血や冷え性を悪化させるなど身体的にも悪影響です。

IMG_3464_20180120220157999.jpg 

私達のオフィスは、本当に窓際が暖かい。
美しさと性能を兼ね揃えた世界トップクラスの北欧基準の窓とドア。
体感いただければその良さがご理解いただけます。

Atsushi Hayakawa








北欧ログハウス トリプルガラス木製サッシ・高気密高断熱工事 in愛媛県西条市

2018.01.08|カテゴリ:ログハウス 建 築 日 記

木製サッシの取り付け。
Forest Crewは色・形・大きさ・コンビネーションなど、
すべてお客様要望に応じて、フィンランドにて製作するオーダーメイド品です!

IMG_8915.jpg
すべてトリプルガラスの木製窓&ドアは・・・
4mmのLow-Eガラス(日射熱と紫外線をカット)
14mmの空気層にはアルゴンガス(断熱効果の高いガス)を充填
2重構造のパッキンによる高気密化
木製フレームはすべて工場にて吹き付け塗装し耐久性を向上
雨の溜まりやすい個所には、専用水切りプレートを装備し腐食を防止
3重ガラス工事による防音効果
などなど、断熱性、気密性、防音性、耐久性に非常に優れた構造となっております。

-30℃にもなる北欧の厳しい寒さから、40℃近くまで上昇する日本の猛暑でも快適に過ごせる室内環境を実現します。

IMG_9094.jpg
リビングに配置したスライディングドアとDK窓を組みあせた3連装ウィンドウ。
通風・採光・眺望・デザイン、すべてを考慮した設計。
オーダーメイドならではですね!

IMG_9035_.jpg 
スカンジナビアンレッドの窓・ドアが映えます!

IMG_9122.jpg 
塗装工事も進んでおります。
今回のベースカラーはホワイト!

IMG_9397.jpg
差し色にはモスグリーンを組み合わせております。
美しいコントラストとカラーコーデになりそう。仕上がりが楽しみですね!

IMG_9312.jpg 
内部天井の断熱・気密工事
当社標準品の高性能健康断熱材「アクリア」を充填し、気密シート&気密テープにて、しっかりと気密を確保しております。

IMG_9396.jpg
煙突廻りや電線など、継ぎ目部には気密テープで目張り!

IMG_9292.jpg 
こちらユニットバス廻り。
断熱浴槽になっておりますが、基礎の立ち上がり部も断熱施工。
浴室でヒートショック、底冷えを極力緩和するよう配慮しております。

IMG_9393.jpg

IMG_9391.jpg 
天井の板張り工事も完了し、今週からは2階外壁板張り工事がスタートしております。
板張りが仕上れば、外観がより一層完成イメージに近づきます。
カラーリングの具合も楽しみなポイントですね!


新年のご挨拶

2018.01.06|カテゴリ:未分類

新年、あけましておめでとうございます!
本日より当社もいよいよ仕事始め。

今年もオーナーの皆様より心温まる年賀状をいただきました。

IMG_3078.jpg 

初めての冬を薪ストーブで快適に過ごされたご感想。
新しいご家族との新生活。
新居でのはじめてのお正月。

などなどたくさんの近況報告をいただきましたこと心より感謝しております。
2018年が皆様によって素晴らしい1年となりますようスタッフ一同お祈りいたしております。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

Atsushi Hayakawa

 | ログ×ブログトップ |  Next»

ログ×ブログ

カテゴリ

アーカイブ


リンク:Forest Crewフェイスブックページ
Houzzに登録中の東温市, 愛媛県, JPのCrew Forest

このページのトップヘ

FC2Ad


Powered By FC2ブログ. Copyright ©『北欧住宅』-フィンランドログハウス- Forest Crewブログ All Rights Reserved