Forest Crewホーム ログ×ブログ 2015年07月

ログ×ブログ

Made in Finland 高品質&高性能トリプルガラス木製窓&ドアの製造・梱包・チェック体制

2015.07.27|カテゴリ:CREW 日 記

フィンランドの木製サッシ工場から、9月より新居浜にて着工するK様邸の窓とドア写真が送られて来ました。

ForestCrewの独自の仕様書とオーダーシートに基づきながら、サイズやコンビネーション、ガラスの色やサッシの色など、オーダー毎に製作。
完成した商品の状態を出荷前に、送られてきた写真にてチェックを行い、トラブルの未然防止に努めております。

SAM_0737.jpg

SAM_0724.jpg

SAM_0729.jpg

SAM_0731.jpg

SAM_0735.jpg
ポリゴン(台形)やロール網戸を装備した大型スライディングドア、様々な形状のコンビネーション窓をオーダー。
日本では見かけることのない、淡いブルーカラーに仕上がり、実物を確認するのが楽しみ!!

SAM_0754.jpg
エントランスドアは、人気色のスカンジナビアンレッド。
窓格子も入って、素敵な玄関になりますね!

SAM_0760.jpg SAM_0761.jpg
フィンランド~愛媛まで約2ヶ月間。
長い国際輸送に備えて梱包も入念に行われてます。
ドアや窓同士の干渉等によるキズや破損防止のために、しっかりと固定!

SAM_0767.jpg SAM_0769.jpg

SAM_0768.jpg
毎回のことながらもキレイにラッピングされ、安心の梱包状態です。


IMG_1966.jpg
これらの木製サッシは、ラップランドでゆっくりと成長した、パインの原木を製材するところから始まります。

IMGP3964_201507271711382be.jpg

DSC00681_20150727171136a5e.jpg

DSC00731.jpg
木製フレームの加工や塗装、トリプルガラスのセット、水切り(アルミニウムカバー)を取り付けし、梱包まで、すべて現地工場内での一貫体制。
下地処理や塗装など、ほとんどの工程は人の手によって丁寧に製作が行われており、品質の高い木製窓&ドアに仕上がっております。

品質もさることながら、北欧基準のトリプルガラス木製窓&ドアは気密・断熱性において高い性能を誇ります。

ForestCrewオリジナル木製建具の断熱性能を示す熱貫流率(U値)
 DK窓 0.97W/m2K
 FIX窓 0.91W/m2K
 玄関ドア 1.01W/m2K
 スライディングドア 1.04W/m2K

*これらは、ForestCrewオリジナルの木製サッシをJISA4710(建具の断熱性能試験)に基づき、
 すべて自社にて取得したデータです。

当社標準の木製窓&ドアの性能は国内で一般的に流通するアルミサッシと比べ、6倍以上の性能!

北欧の極寒地でも採用されるこれらのサッシは、夏場40℃へと迫る日本の猛暑にもその性能を大いに発揮します!
窓とドアの性能に関して詳しくは、過去の関連ブログをご参照ください。
日本の窓・ドアは世界に遅れを取っている
木製トリプルガラスサッシ 消費エネルギーと健康
品質性能試験JIS A4710(建具の断熱性能試験)

さて、今週にはフィンランドより、いよいよコンテナが出発いたします。
はるばる四国、愛媛へのコンテナ到着が今から待ち遠しい限りです!

A.Ikegawa

 | ログ×ブログトップ |  Next»

ログ×ブログ

カテゴリ

アーカイブ


リンク:Forest Crewフェイスブックページ
Houzzに登録中の東温市, 愛媛県, JPのCrew Forest

このページのトップヘ


Powered By FC2ブログ. Copyright ©『北欧住宅』-フィンランドログハウス- Forest Crewブログ All Rights Reserved