Forest Crewホーム ログ×ブログ CREW 日 記 サンタクロースの国フィンランドからの贈り物(フィンランドからコンテナで愛媛まで)

ログ×ブログ

サンタクロースの国フィンランドからの贈り物(フィンランドからコンテナで愛媛まで)

2009.11.06|カテゴリ:CREW 日 記

先日、メーカーからフィンランドの現地工場を出荷する
ログハウス部材の様子が写真で届きましたので
ご報告いたします。
Sone (1)

あえて「キット」と言わずに”ログハウスの部材”としたのは
誤解を招きやすいからです。

「○○キット」と聞くと、梱包を開けて
そのまま組み立てていくと簡単に完成してしまう!

と言う印象が非常に強いから...?

でも実際は、経験と特殊な技術とノウハウ、職人さんの気質が
問われる建物の部材がログハウスの「キット」なのです。

40フィートのコンテナに押し込む様子
Sone (2)

Sone (3)
愛媛に到着してコンテナゲートを開けると、中は隙間が無い。引き出すのに一苦労です。
Sone (7)
FOCとはForest CrewのランタサルミID。7.1m3とは木材の体積。このくらいの梱包が8~12個も有りますから、一般の木造建築のそれと比べると何倍の木材量なのか解りますか?
ちなみ平屋のログハウスでもこれくらいの無垢材の体積になりますから、ログは良い家ですね!
Sone (5)
現場へ小運搬して、丁寧に梱包された包みも開けると更に良い香り!ご近所様もビックリです。
Sone (11)
この封印をきる時が、いつもながらドキドキする時です。
Sone (10)
こちらは20フィートのコンテナ
Sone (13)

Sone (15)
出荷時は10月15日。フィンランドでは、うっすらと雪が観えますね!
Sone (17)
神戸への入港は今月23~24日予定。

通関等を済ませて、愛媛の現場近郊荷下し場へ付くのが11月末、

それから建築現場へ小運搬して、組み上げがスタートするのが12月1日予定。

クリスマスの頃には、屋根も出来て形がハッキリしてきます。お楽しみに!

« お施主様と建設会社、お互いが信頼できる家づくり。 | ホーム | 『感動のお引き渡し』ログハウス専門会社が建てる”木の家” 愛媛県東温市 »

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ログ×ブログトップ | 

ログ×ブログ

カテゴリ

アーカイブ


リンク:Forest Crewフェイスブックページ
Houzzに登録中の東温市, 愛媛県, JPのCrew Forest

このページのトップヘ


Powered By FC2ブログ. Copyright ©『北欧住宅』-フィンランドログハウス- Forest Crewブログ All Rights Reserved