Forest Crewホーム ログ×ブログ フィンランド 旅 行 日 記 Finland旅行記2010 ~首都ヘルシンキを歩く~

ログ×ブログ

Finland旅行記2010 ~首都ヘルシンキを歩く~

2010.02.23|カテゴリ:フィンランド 旅 行 日 記

ヘルシンキに移動し一夜が明けました。

ヘルシンキでの滞在先は、ヘルシンキ中央駅から歩いて10~15分の場所に位置するhelka。
IMGP4245.jpg IMGP4237.jpg

このホテルの特徴は、
モダニズム建築の巨匠といわれるアルヴァ・アアルトが設立した「artek」との
コラボホテルであるということ。使われている家具や照明は、全てartekのモノ。
アアルト好き、家具好きの方にはたまらないホテルです。
IMGP4236.jpg IMGP4235.jpg

また、客室の天井の風景画にはフィンランドの自然が描写され、芸術的なライトが特徴になり
雰囲気の良い空間を演出しています。ミシュランで★★★を獲得しているホテルです。
R0013236_20100220172407.jpg R0013310.jpg

北欧ログハウスにもマッチするアアルトデザイン
artek
IMGP4124_20100220172407.jpg

今日はヘルシンキの街を歩きます。

しかし......

ヘルシンキは1982年以来の大雪だそうです。
雪に慣れていると思ったフィンランドの人たちもあちこちで転んでいます。
私たちの移動は徒歩とトラム(路面電車)
R0013309.jpg IMGP4131.jpg


雪の積もった道を、雪に慣れない私達が歩くのはとても疲れます。

日曜日のせいか人もまばら。

さて、まずはフィンランディアホールに向かいます。徒歩で...

フィンランディア・ホール
IMGP4152.jpg IMGP4155.jpg
アアルトの晩年の作品、コンサートホールと大会議場からなる建物。
ヘルシンキで随一のコンサートホール。
外壁はイタリア産大理石のビアンコ・カラーラ。
水平に伸びる建物が一見シンプルなのだが、凹凸の陰影により立体感を出している。
真っ白な雪景色にもよく似合う。

国会議事堂
IMGP4165.jpg
200人の議員で構成されるフィンランド国会の議事堂。
ヨハン・S・シレーン設計。
正面には高さ17mの円柱が14本も並んでいる。

中央郵便局
R0013266.jpg
ヨーロッパでいち早く郵政民営化。
隣の郵便博物館は観光地としても有名。
フィンランドデザインのマリメッコ柄ボックスやムーミンの切手・ポストカードも
充実しており、お土産探しにいいかも。
postiというオレンジとブルーの看板が目印。

ヘルシンキ中央駅
IMGP4117.jpg R0013250.jpg
IMGP4176.jpg
トラムに乗り、街外れのアラビア工場へGO!!
トラムはヘルシンキの路面電車、どこに行くにも非常に便利な交通手段です。
ツーリストチケット(1日乗り放題)などを購入すれば、ヘルシンキ観光には便利。
今回は運転手から1回分のチケットを購入。アラビア工場まで2.5ユーロ(片道)。
IMGP4179.jpg IMGP4180.jpg




アラビア社博物館
IMG_2181.jpg IMGP4185_20100220173534.jpg R0013257.jpg

ARABIA
世界的に有名なフィンランドの陶磁器メーカー。
1873年創業。
ムーミン・コレクションの陶器が有名。
この建物の中には、イッタラやハックマンなどのアウトレットショップがあり、
観光客に人気です。市価の3割引程で買えるとあって賑わっていました。
IMGP4189.jpg IMGP4190.jpg


iittala
いわずとしれたフィンランドのガラスメーカー。
人体や環境に有害な鉛を一切使用しない「無鉛グラス」
シンプルなのにどこか「ほっ」とさせてくれる温かみのあるデザイン。
世界中で愛されるフィンランドデザイン
IMGP4192.jpg IMG_2188.jpg


HACNKMAN
1790年創業。北欧で最も良く知られた調理器具ブランド。
高品質で耐久性に優れ、美しい機能美を併せ持つ製品を造り続けている。

FISKARS
創業1649年フィンランドで創業され、切れ味が良く使いやすいハサミ
の代名詞として世界中の人々に愛されている。

PENTIK
生活雑貨や食器類が充実しており、
1971年設立のデザイン会社。フィンランド国内に60店舗を展開。
トナカイをモチーフにしたやわらかいデザインが特徴。
IMGP4193.jpg IMGP4195.jpg

全ての商品に共通して言える事は、シンプルで飽きのこないやわらかいデザイン。
北欧デザインが”ロングライフデザイン”と言われる理由がよくわかります。
”家”でも同じですね。

ヘルシンキ大聖堂
R0013283.jpg DSC07595.jpg
ヘルシンキのシンボル的存在。1852年完成。白亜の外観が真っ白な雪により、より輝いていました。
昨年の2月に社長がフィンランドに行った際には、右の写真のように雪はあまりありませんでしたが、
今年の2月は真っ白です。
IMG_2207.jpg
何をお願いしているのか。。。。。。。池川さん

デザイン博物館
R0013287.jpg R0013293.jpg R0013289.jpg
世界に誇るフィンランドデザインを集めた博物館。クラシックな外観は趣があります。
残念ながら、日曜日のため1階部分しか見る事ができませんでした。
アールトの作品の歴史などもじっくり観る事ができました。
併設のカフェで一息。。。コーヒーカップはムーミン。
館内は写真NGです。


一度ヘルシンキ中央駅に戻り、ヘルシンキ中心部のAleksanterinkatu通り、Etelaesplanadi通りを散策。
日曜日のため開いている店は少なかったように思います。
街の中に歴史的建物が混在し、趣のある街並みでした。
IMGP4198.jpg R0013274.jpg
IMGP4203_20100220203052.jpg R0013272.jpg

フィンランドを代表するデザインのイッタラ・アーリッカ・マリメッコなどのshopも多く、
フィンランドの百貨店”STOCKMAN"などもあり、買い物、ウィンドウショッピングも楽しめます。

ヘルシンキ観光は終了。

ホテルに戻った頃にはどっと疲れが・・・・・

明日はKELOログハウスのメーカー訪問です。


A-shimizu


« Finland旅行記2010 ~シルバーパインのKELOLOGHOUSEへ訪問 6日目~ | ホーム | Finland旅行記2010 ~ロバニエミからヘルシンキへ4日目~ »

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ログ×ブログトップ | 

ログ×ブログ

カテゴリ

アーカイブ


リンク:Forest Crewフェイスブックページ
Houzzに登録中の東温市, 愛媛県, JPのCrew Forest

このページのトップヘ


Powered By FC2ブログ. Copyright ©『北欧住宅』-フィンランドログハウス- Forest Crewブログ All Rights Reserved