Forest Crewホーム ログ×ブログ ログハウス 建 築 日 記 ログ材の加工ミス!修復完了

ログ×ブログ

ログ材の加工ミス!修復完了

2010.08.22|カテゴリ:ログハウス 建 築 日 記

8月21日に判明した、フィンランド工場でのログ材加工ミス。

お施主様とも相談して、交換する事にしましたが
その後の経過報告です。


P1020233.jpg P1020234.jpg
ヒノキ土台の上から数えて5段目のログ。差し替えたので周りのログと比べると、日焼けが新しい!
刻み直した”ノッチ”部も精度抜群!ピッタリとかみ合っております。さすが岡チャン!(棟梁)
P1020236.jpg P1020237.jpg
1階部分が約21坪のランタサルミ『ペイリ』モデル。構造美を再確認して下さい。
ヒノキ土台&大引+根太、ログ壁&ログ梁、ノッチ個所は、
次回ブログでお伝えしたい『設計基準』に関係してきます。
P1020239.jpg
本日は、日曜日。
大工 さん達も つかの間の休息日。真夏のログ組み上げ工事は、体力勝負です!

品質の確保には、確かな経験と技術が伴ってこそ得られるのが大前提。
ログメーカーによっては、『セルフビルド』を推奨し、簡単に建てれるイメージを
植え付けている所もございます。しかし用途が住宅で、住宅ローンにて行うマイホーム計画では、注意が必要!

また価格競争から、仕様や品質を下げて価格を下げているログメーカー広告も多く存在します。
壁厚を薄くしたり、ノッチ個所が4カ所のみの”ロ”の字型ログプランだったり
中国産だったり...

価格は確かに下がります。しかし
安全性、品質、耐久性、安心感も同時に下がる恐れが、往々にして起ると我々は感じております。

提案する側の価値観と顧客の価値観は、各者それぞれ
競争原理も働き、顧客ニーズの多様性に対応力も必要です。でも我々はログハウスで建てる住宅専門メーカー。

ログ厚が70mmや88mmでコストダウン
ログの命とも言える壁量やノッチ個所が少なかったり
基礎や土台の設計基準が日本の気候風土に適していなかったり
開口部の建具がアルミサッシ標準で、ログハウスなのに結露住宅になったり
「隙間が有って当たり前」と言う昔からの考えで、気密&断熱、防水をおろそかに考えていたり

各メーカーの考える『基準』は様々です。

我々の想いと熱意は建築現場にございます。是非今後続く ログハウスの建築現場で、それらをご確認下さい。

« 海の見えるログハウス 一生に一度の体験?!お餅まき~愛媛県松山市~ | ホーム | ログ材の加工ミス!即日対応と再発防止。 »

コメント

とても参考になりました。

業界は違いますが、営業をしている者です。
いつもブログ拝見させて頂いてます。

正直、ここまでの対応をするにはかなりの「勇気」がなければできないと感じました。そして「商品」やお客さんの目線で考える、というなによりも「揺るぎない信念」を感じました。クレームや不具合は起きてはならない事ですが、「絶対」はあり得ません。むしろその後の対応の方が重要だと思います。

いちログファンとして感動しただけでなく、
自分の仕事もこのような信念をもって取り組めているか、
今一度見つめ直せる内容でした。

ということで、思わずメールしてしまいました。

人の器というのは「いざ」という時、もしくは「ピンチ」の時に本性が表れるのかもしれないですね。
とても参考になりました。ありがとうございます。

  • 2010/08/25(水) 21:08:11 |
  • URL |
  • Y.Kawahira #-
  • [ 編集 ]

ブログへの参加、誠にありがとうございます。
営業マンの宿命、真価が問われる時は やはり不具合時の応対ですね。
上司や企業としての対応等で信頼関係が問われますから。

私も以前所属していた企業で、自己完結型の応対力を身につけました。
上司に恵まれておりましたから!???
逃げたり、他責にしたり、する人達ばかりでしたから...周りが。

  • 2010/08/25(水) 22:58:37 |
  • URL |
  • FC murakami #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ログ×ブログトップ | 

ログ×ブログ

カテゴリ

アーカイブ


リンク:Forest Crewフェイスブックページ
Houzzに登録中の東温市, 愛媛県, JPのCrew Forest

このページのトップヘ


Powered By FC2ブログ. Copyright ©『北欧住宅』-フィンランドログハウス- Forest Crewブログ All Rights Reserved