Forest Crewホーム ログ×ブログ CREW 日 記 ストーブライフを楽しむ! ~薪ストーブ・煙突掃除編~

ログ×ブログ

ストーブライフを楽しむ! ~薪ストーブ・煙突掃除編~

2010.11.11|カテゴリ:CREW 日 記

先日ブログで宣言しておりましたとおり、昨日の休みは薪ストーブ煙突の掃除。
自宅の薪ストーブは北欧ノルウェーのヨツール製"F3"
約8年の付き合いになりますが、毎回D.I.Yでメンテナンス。この時期の恒例行事です。

寒い冬でも、家族が心地良く過ごせるのも、この薪ストーブのおかげ。
年に1度、感謝と愛情も込めて行います。

IMG_0043_20101111172105.jpg
この薪ストーブは、新築して1年後に後付けしたものです。
写真をご覧いただけば分かるとおり、煙突は曲がって斜めに伸び、煙道も長い!
薪ストーブは、極力真っ直ぐ上に煙突を伸ばすことをお勧めいたします!その理由は、のちほど。
新築設計段階で、ストーブの配置と煙突計画を検討しておくことが重要です。

IMG_0044.jpg
まずは、煙突を解体。
今回は、クルーの助っ人がいなかったため、妻に手伝ってもらいながら慎重に・・・。

IMG_0045.jpg IMG_0047_.jpg
解体後、まずは屋根へと真っ直ぐに伸びる二重煙突をブラッシング。
落ちてくる煤が入るごみ袋に小さな穴をあけ、ブラシを通してから、煙突にテープやひもで固定します。

IMG_2427.jpg
約5m程煙道ですが、真っ直ぐの煙道の部分の煤はこれだけ。
二重煙突ということもあり、大した量ではありません。

IMG_2431.jpg IMG_2430.jpg
こちらは、斜めに取り付けされている部分の煙突。
お勧めできない理由は写真をみれば一目瞭然ですね。
かなりの煤が溜まっているのが分かります。
このように、横に伸びる煙突は煤が溜まりやすく、詰まりやすいのです。

また、当然ですが煙突の長さによって金額も変わってきます。
意外にも、ストーブ本体よりも、煙突代の方が高い場合がほとんど。薪ストーブは煙突が高いんです!
コスト面からも真っ直ぐストレートの方がお勧めなのです。

IMG_2437_20101111175320.jpg
バケツに流し込める程、溜まってます・・・。

IMG_2443.jpg IMG_2442.jpg
このあと、ダンボールなどの上で、煙突にキズつかないようにして、一本ずつブラッシングを行います。
妻と2人だけなので作業中の写真がありませんが、このようにきれいになります。

IMG_2445.jpg
これが今年の煤、一年分です。先ほどの真っ直ぐの煙突部分の煤と比べると桁違いの量です。

必要に応じて、耐熱スプレーで煙突の塗装補修などを行い、煙突を組み立て・取り付け。
こちらも慎重に。妻と2人でもヤル気になれば何とかなるもんです(笑)


IMG_0048.jpg IMG_0051.jpg
ストーブ本体のお手入れももちろん行います。
ストーブの天板を外してみると・・・結構溜まっております。こちらは、歯ブラシを使いながら掃除機(業務用)で吸い取りました。
家庭用掃除機はすぐ詰まりますので使用しません。

IMG_0053.jpg IMG_0054.jpg
見違えるほどキレイになりました!(ピンボケですみません)
この後、クリーナーでガラスもきれい拭き上げ、ストーブ全体をに雑巾で乾拭き。

時間にして2時間程度でした。
まっすぐの煙突であれば、半分の時間でできるのではないでしょうか。

最初は、敷居が高いかもしれませんが、やってみれば意外に簡単です。
道具も、煙突専用のブラシ、脚立、養生用のダンボールやブルーシート程度。
煙突ブラシはストーブ仲間で共同購入すれば、安くゲットできますし、お手伝いし合えますね。

何でもそうですが、手を入れれば愛着が沸き大切にするものです。
自動巻きの時計や旧車、バイク、カメラなどなど、手が掛かる物ほど味わい深く、長く使えます。

薪ストーブやログハウスも手がかかりますが、それ以上のものを私たちに与えてくれています。
家族みんなで掃除やメンテナンスを行えば、思い出にもなり、コミュニケーションも深まります。
そう考えれば、メンテナンスもストーブライフやログライフの楽しみの一つですね。

« ラップランドパインログハウス ウッドデッキの有効活用?! ~香川県観音寺市~ | ホーム | ラップランドパインログハウス ベタ基礎工事② ~香川県観音寺市~ »

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ログ×ブログトップ | 

ログ×ブログ

カテゴリ

アーカイブ


リンク:Forest Crewフェイスブックページ
Houzzに登録中の東温市, 愛媛県, JPのCrew Forest

このページのトップヘ


Powered By FC2ブログ. Copyright ©『北欧住宅』-フィンランドログハウス- Forest Crewブログ All Rights Reserved