Forest Crewホーム ログ×ブログ CREW 日 記 森からのエネルギー創出 "Austrian Symposium Wood to Energy"

ログ×ブログ

森からのエネルギー創出 "Austrian Symposium Wood to Energy"

2011.02.20|カテゴリ:CREW 日 記

2月の11日から愛媛県では25年ぶりとなる大雪で
公共の交通網も大混雑。
東北や関東近郊からログ仲間達が当社を訪れたのですが、通常なら30分の移動が4時間と大渋滞。

疲れを癒してもらうために
瀬戸内の海の幸で大宴会を行い、翌日は道後温泉にてくつろいで頂きました。
P1030352.jpg


もちろん『ログハウス談議』も盛り上がり
個性の強い皆さんですから、熱いトークで大変参考になりました。

13日に皆さんと別れてから
14日は7時30分の飛行機で東京へ...体力勝負です!!

当社にも参加案内のDMが届いたので
オーストリア大使館(商務部主催)のセミナーに参加してきました。

会場となった「ウエスティンホテル東京」さすが規模が違います。
P1030353.jpg

ヨーロッパ(オーストリア)における林業、木質燃料、木造住宅等のプレゼンテーション。
P1030356.jpg

当社の企業理念と同じです。
「木」は環境インパクトを軽減出来るすばらしい素材で、燃料や建築にどう生かすか
どの様に取り組むか? 我々の主体は「ログハウス住宅」の普及こそが それと考えます。
P1030358.jpg

P1030362.jpg

P1030365.jpg

P1030369.jpg

大学教授の講義で
「2050年には必ず”ゼロカーボン建築”の時代が来る!」と言う事です。
ログハウス建築に関わるその全ての建材が、まさしく”ゼロカーボン”
私は心の中で確信しました。当社の方向性は間違っていない!...と。
P1030371_20110220193259.jpg

P1030381_20110220193258.jpg

開口部からの熱損失について
ご覧の様に
冬は58%
夏は73%
もの熱が奪われたり、入って来たり。この表はそれを示しています。
P1030382_20110220193257.jpg

ヨーロッパのガラスの基準
現在、当社で製品化したForest Crewオリジナルログハウス
『ラップランドパイン135mm壁厚ログ&トリプルガラスUV木製サッシ』は
今回のセミナーにおいても、最高性能のログハウス仕様で安心しました。
時代の先取りですね!
P1030383_20110220193257.jpg

2年前に見学に行ったドイツの木造住宅。大断面のウッドフレームと壁面全てがガラス。
これでも省エネ住宅。しかし日本の耐震基準は厳しい構造でした。
P1030384_20110220193253.jpg
セミナー後の商談会。
オーストリアの木材、木製サッシはもちろん。
ストーブや林業機械など、良い物が沢山あり今後のビジネスチャンスに繋がりますね!お互い。
P1030385_20110220193251.jpg

四国、愛媛県の中だけで、仕事をしていると刺激も無いし情報も得られない。
やはり行動力と多方面に視野を広げて、日々勉強する事が大切です。
新しいアイディアも生まれ、チャレンジ精神も持続します。
全ては、お客様満足の為なのです。

« 海の見えるランタサルミログハウス ~赤レンガ・外構工事~ 愛媛県松山市  | ホーム | “大きな三角屋根のお家”祝!お引き渡し!(愛媛県 西条市 フォレストクルー ログハウス) »

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ログ×ブログトップ | 

ログ×ブログ

カテゴリ

アーカイブ


リンク:Forest Crewフェイスブックページ
Houzzに登録中の東温市, 愛媛県, JPのCrew Forest

このページのトップヘ


Powered By FC2ブログ. Copyright ©『北欧住宅』-フィンランドログハウス- Forest Crewブログ All Rights Reserved