Forest Crewホーム ログ×ブログ ログハウス 建 築 日 記 フィンランドログハウス メンテナンス(再塗装) 香川県さぬき市

ログ×ブログ

フィンランドログハウス メンテナンス(再塗装) 香川県さぬき市

2014.04.10|カテゴリ:ログハウス 建 築 日 記

さぬき市にお住まいの当社のログオーナーのN様から、再塗装メンテナンスのご依頼をいただきました。

お引渡しから5年。
紫外線や雨によって塗料が剥がれ、ヤニも目立ってきておりました。
この状態が長く続くと木部の劣化へと進行するため、早めのメンテナンスをお奨めします。

「ログハウス=メンテナンス」とよく取り沙汰されますが、
車や時計に整備や調整が必要なように、ログハウスに限らず建物はすべてメンテナンスが必要。
また手を掛ければかける程、長持ちし、愛着と思い入れが深まり大切にもしますね。
ログハウスは木部を雨や紫外線から保護することによって、100年をも越える高耐久な住宅となります。

さて、こちらは再塗装前の写真
IMGP3097_201404101758294de.jpg
グレーのベースカラーに白のケーシング&ポスト。

IMGP3087.jpg

IMGP2933_2014041017560886b.jpg
ドーマーの板張り部分。紫外線&雨がかりの多い部分は劣化が進んで、塗料が薄くなっています。

IMGP2920.jpg
ウッドデッキ。
塗料が剥がれ、撥水性もなくなっています。

IMGP2917.jpg
ベランダの持ち出しログも南面で一番、日当たりよく雨のあたる部分。
こちら同様に塗料が劣化しております。

IMGP2919.jpg
軒の架かったログ壁は、比較的劣化が少ないですね。

IMGP3083_20140410175826a4a.jpg
ガラス屋根の垂木にヤニが沸いております。

ベースカラーのグレー色は、油性塗料(浸透性)。
アクセントのホワイト色は、水性塗料(塗膜保護)。

どちらも当社標準品のティックリラを使用しておりますが、耐久性がより高いのは水性塗料です。


IMGP3100.jpg
今回は、ベースカラー、アクセントカラー共に水性塗料をご選択。
水性は発色もよいため、下地の色(木部の色や以前の塗料)に影響を受けることなく、カラーリングを楽しめます。

IMGP3136.jpg

IMGP3102.jpg
木部のヒビや割れ、木部の隙間などを補修しながら下地の調整。
合わせてヤニ止めを塗っていきます。

IMG_5324.jpg
こちらは途中経過。
左面は仕上げ済み。右面はこれから塗装。
塗膜保護する水性塗料は見違える美しさに仕上がっていきます。


再塗装メンテナンス完了(After)
IMGP3278.jpg
明るくなりましたね!
ラグジュアリー感のある北欧らしい美しいカラーリングです。

IMGP3285.jpg
持ち出しバルコニー。
劣化の跡なく仕上がっています。

IMGP3287.jpg
ガラス屋根。
ヤニも掃除しスッキリ!

ドーマー&妻壁の板張り
IMGP2933_2014041017560886b.jpg
Before
IMGP3311.jpg
After

IMGP3276.jpg
新築同様に生まれ変わりましたね。

仕上がった自宅を眺めながら
「次はどんなカラーリングにしようかな?木製サッシも塗り替えて・・・。」とN様。
再塗装はログハウス生活の楽しみでもあるのです。

快適な空間、住み心地を私たちに与えてくれ、守ってくれるフィンランドログハウス。
家を大切にする気持ち、感謝の気持ちを込めて、メンテナンスをしてあげるといいかも知れませんね。

A.IKEGAWA

« 祝!ご契約(愛媛県 松山市 動物病院 北欧平屋ログハウス) | ホーム | 祝!上棟(愛媛県 砥部町 北欧住宅 ForestVilla) »

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ログ×ブログトップ | 

ログ×ブログ

カテゴリ

アーカイブ


リンク:Forest Crewフェイスブックページ
Houzzに登録中の東温市, 愛媛県, JPのCrew Forest

このページのトップヘ


Powered By FC2ブログ. Copyright ©『北欧住宅』-フィンランドログハウス- Forest Crewブログ All Rights Reserved