Forest Crewホーム ログ×ブログ ログハウス 建 築 日 記 ForestCrew 北欧ログハウスの仕様 ~ベタ基礎編~

ログ×ブログ

ForestCrew 北欧ログハウスの仕様 ~ベタ基礎編~

2015.05.14|カテゴリ:ログハウス 建 築 日 記


当社の基礎は、耐震性の高いログハウスを支える、強固なベタ基礎。
一般的な立ち上がり高さ400mmより更に100mm高い、GL+500mmを標準仕様としております。

その理由は
・面で支えるベタ基礎構造は不同沈下の防止
・シロアリの登攀防止
・土台への雨水跳ねっ返り防止

siro.jpg
シロアリ防除として薬剤を散布し土壌処理を行います。

IMG_1516.jpg


IMGP5291.jpg
その後、シロアリ薬剤を閉じ込めると共に湿気が上がらないよう、防湿シートで全体を覆い被せます。

IMGP3981_20150514163738c40.jpg
ベタ基礎の根幹部分である鉄筋を組み、
鉄筋ピッチ、コンクリートの被り厚等の自主検査&JIOの検査を受け、コンクリートを打設します。

IMG_1627.jpg

IMGP4002_20150514163740fc7.jpg

デッキの独立基礎のベース。
コンクリート束石などを使用するところも多いですが、地中内で鉄筋を組み連結させ、独立基礎を設けます。
持ち出しログ&屋根を支えるポストも独立基礎の上に立ちますので、強固な仕様設計としております。

IMGP3997_201505141637408ae.jpg
アンカーボルト&ホールダウンボルトも位置と高さを正確に出すため、
立ち上がりのコンクリート打設前にセットし、固定しております。

IMGP1681.jpg
立ち上がり打設後は、雨養生も行いながら、適正な養生期間を設けます。

IMGP4040_20150514163742de8.jpg

IMGP4042.jpg

ベタ基礎の完成。
基礎と躯体のログとをつなげる、ホールダウンボルトの数も一般的な住宅と比べても一目瞭然ですね。

基礎から出る短いボルトはヒノキ土台を固定し、長いボルトがログと基礎を緊結するホールダウンボルトです。
ホールダウンボルトは一般住宅の10倍以上の本数。
ログハウスは基礎との緊結点数多いため、基礎と一体化された強固な建物となるのです。

地震に強いログハウスのポイントの一つがこのベタ基礎にあります。

A.IKEGAWA

« フィンランドログハウスで奏でるオカリナ演奏会 ForestCrewモデルハウス・ログハウス展示場 | ホーム | 祝!ご契約 夢の実現!フィンランドログハウス(愛媛県新居浜市) »

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ログ×ブログトップ | 

ログ×ブログ

カテゴリ

アーカイブ


リンク:Forest Crewフェイスブックページ
Houzzに登録中の東温市, 愛媛県, JPのCrew Forest

このページのトップヘ


Powered By FC2ブログ. Copyright ©『北欧住宅』-フィンランドログハウス- Forest Crewブログ All Rights Reserved