Forest Crewホーム ログ×ブログ ログハウス 建 築 日 記 ビルドインガレージのある北欧平屋ログハウス~高気密・高断熱の標準施工~

ログ×ブログ

ビルドインガレージのある北欧平屋ログハウス~高気密・高断熱の標準施工~

2016.02.14|カテゴリ:ログハウス 建 築 日 記

松山市北梅本町にて建築中のM様邸。
ビルドインガレージを備えた北欧平屋ログハウス。
現場は順調にと進んでおります。

IMG_0817.jpg
屋根断熱
厚み48mm×高さ198mmの分厚い垂木は、屋根をしっかりと支えるとともに、ゆったりと通気層を設けるためのスペースを確保.。
垂木間には、断熱材を充填する前に遮熱パネルを取り付けております。

IMGP2545_201602141149477df.jpg
パネル表面にはアルミの遮熱フィルムが貼ってあり、輻射熱を反射し熱量の侵入を減少します。
また断熱材と野地板との間に通気層を確保し、結露の防止&熱だまりを解消。

IMG_1112.jpg

IMG_1109.jpg
その後、厚140mmの高性能健康断熱材「アクリア」を充填。
健康を害するホルムアルデヒドを含んでおらず、健康住宅にはぴったりの商品なのです。

室内からの熱を通さず、断熱材へ湿気も通さないよう更に気密シートで全面を覆った上で、天井材一枚ずつ貼っていきます。

屋根断熱だけをとっても工夫とこだわりの施工。
もちろん、M様邸のログハウスに限らず、これが当社の標準仕様です。
ログハウスでここまで仕様を高めているログハウスメーカーはほとんどありません。

IMG_0851_20160214113018be4.jpg
こちらは床断熱。
天井と同様に、ヒノキの根太・大引間に断熱材を充填後、気密シート&気密テープで目張り。
見るからに底冷えの心配もありませんね!

IMG_1271.jpg
フィンランドパインのフロア材は厚28mm。
こちらも1枚ずつ丁寧に貼っていきます。なかなか時間と手間がかかります。
白い木肌と木目が美しいですね!即、養生するため、完成まではお楽しみ。

IMG_0909_20160214121923619.jpg

IMG_0854_20160214121925c01.jpg
Forest Crewオリジナルの北欧仕様トリプルガラス木製窓&ドア
木製サッシの性能の高さは当社の自慢ですが、その施工が重要なポイント!
窓回りのセトリングスペースには断熱材を、小さな隙間には発泡ウレタン断熱材を充填しております。

IMG_1115.jpg
隙間なく気密テープを貼り、あとはケーシングを取り付ければ完了。
完成してしまえば、どのメーカーのログハウスも同じように見えますが、
実際には細かな施工へのこだわりと配慮によって、仕上がりと快適性能に大きな違いが出てきます。

12744294_558355184346182_3527507571687842511_n.jpg
外部の土台板金工事。
ヒノキ土台&基礎パッキンは水切り板金で覆います。
ログを支える肝心な土台をしっかりとカバー!

IMG_1407_201602141130514f5.jpg

IMG_1232.jpg

外部工事も進み、来週末にはいよいよ足場解体予定!
現在、足場シートに包まれておりますが、北欧スタイルカラーの全貌が明らかになります。
仕上がりが楽しみですね!

A.Ikegwa

« 足場解体! ビルドインガレージのある北欧平屋住宅 松山市  | ホーム | 北欧雑貨でお出迎え ムーミンライトやLEDツリーの小物たち »

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ログ×ブログトップ | 

ログ×ブログ

カテゴリ

アーカイブ


リンク:Forest Crewフェイスブックページ
Houzzに登録中の東温市, 愛媛県, JPのCrew Forest

このページのトップヘ


Powered By FC2ブログ. Copyright ©『北欧住宅』-フィンランドログハウス- Forest Crewブログ All Rights Reserved